「メイド・イン・ジャパン」の信頼感と、
「メイド・イン・オキナワ」の冒険心を胸に。

CONCEPT

テクノロジーで実現する、新しい健康管理

昨今、メタボリックシンドロームや糖尿病などの生活習慣病が社会問題となっています。
日本を始めとした先進国のみならず、新興国でも発生しているこの問題は、今や世界的に解決すべき課題と言えるでしょう。

日本では、超高齢化社会の訪れとともに、慢性的な医師・看護師不足が深刻化し、こちらも社会を揺るがす脅威となっています。近い将来、「病気になったから病院にかかる」既存の医療システムや生活習慣では、自分の身を守れなくなるかもしれません。

もちろん、これは日本独自の問題ではなく、そう遠くない未来、世界のあらゆる地域に起こりうる問題です。

私達は、既存の健康管理の価値観を見直し、より多くの人々に健康で幸せな生活を提供することを使命としています。すなわち、これまでの“太った人をいかに痩せさせるか”、“病気になった人をいかに治すか”という「壊れたものを修理する」健康管理から、“痩せている人をいかに太らせないか”、“健康な人をいかに病気にさせないか”という「壊れないように気をつける」新たな健康管理を、テクノロジーで実現していきます。その主体は、医療機関や国ではなく、“健康に生活を送りたい”すべての個人です。

笑顔が生まれる明日のために―――
私たちは沖縄から世界を動かしてゆきます。

代表あいさつ

日本を始めとする世界各地で、社会構造の大きな変化が始まりつつある21世紀。私たちは既存の価値観や常識、制約をもう一度見直すべき時にきていると感じています。
日本の南端・沖縄の地に会社があるというその制約は理解をする必要はありますが、そこにとらわれる必要はないのです。逆に、その制約をメリットとして最大限に活かし、世界をキャンバスにしてのびのびと絵を描くことが沖縄ではできます。
私たちは、自分の価値観と使命感に従って、世界が必要とするソリューションを沖縄から発信し、世界に貢献してゆく集団としてあり続けたいと思います。

代表取締役 河村 哲

PRODUCTS

教育専用小型超音波エコー

弊社製品は、発展途上国向けや教育現場向けに開発した超音波スキャナーです。圧倒的低価格で提供できるように製品設計されています。
PCにUSB接続することで駆動電力を確保し、停電時にもPCバッテリーで使用することができるため、野外や不安定な電気事情でも使用可能です。
装置自体は約170g〜270gと非常に軽量で携帯性に優れています。万一の故障・破損においても分解や修理ではなく、現地の弊社エージェントによる交換対応が可能です。
独自の機能、SyncView(シンクビュー)は撮影部位・角度をより感覚的に確認できます。本機能を用いて撮像すると、走査する手元の画像と超音波画像がセットで記録されます。そのため、従来から使用されているボディーマーク機能に比べ、当てている部位やプローブの角度がより簡単に確認できます。当て方の参照が容易であることから、E-教材としての活用、復習や意見交換、アドバイスを受ける際に役立ちます。

日本の誇る電源技術、センサー技術、アナログセンシング技術、画像化技術を活用し、USB接続という非常に限られた電力量のなかで可能な限りの解像度を確保しています。

製品一覧

US-304

低消費電力に優れ、重量170gと、抜群に軽量のため携帯性に優れた製品です。

フライヤーダウンロードUS-304 フライヤーダウンロード フライヤーダウンロードUS-304 フライヤーダウンロード
fST Series

fST9500

fST9600

教育専用に低価格で高解像度のエコーを使っていただくために、開発致しました。
この製品には、コンベックス型とリニア型がございます。

フライヤーダウンロードfSTシリーズ フライヤーダウンロード フライヤーダウンロードfSTシリーズ フライヤーダウンロード

※各製品の仕様に関しましては、各フライヤーのご確認をお願いします。

COMPANY &
INFORMATION

企業概要

社名 レキオ・パワー・テクノロジー株式会社
役員 代表取締役 河村 哲
社外取締役 吉野 次郎
      高橋 大輔
名誉顧問       古川 貞二郎
本社所在地 〒900-0036
沖縄県那覇市西1-20-13たまきビル3F
TEL. 098-868-9500
FAX. 098-869-7550
資本金 1億2,518万7,500円
設立 2011年

沿革

2011年11月 レキオ・パワー・テクノロジー株式会社設立
2012年03月 資本金1,000万円とする
2013年01月 ~ スーダン共和国におけるDr.カープロジェクトに参加
2013年04月 資本金1,550万円とする
2014年01月 ~ 発展途上国向けジェネリック医療機器事業開始
2015年01月 当社の超音波スキャナーを用いたスーダンにおける普及実証事業がJICAに採択されました
2015年10月 本社を同じ町内に移転し拡張しました
2017年08月 資本金を7,719万5千円とする
2019年06月 資本金を1億2,518万7,500円とする

アクセス

交通手段 ゆいレールの場合:旭橋駅を出て、徒歩15分。
自動車の場合:那覇空港から車で約10分。